そらうにの「一口馬主はじめました。」

のんびり一口馬主ライフ│ウマ娘から競馬の世界に入り、2022年8月からDMMバヌーシーで一口馬主デビュー。日々感じたことや馬に関するを記事にしています。

一口馬主を始めるまで(前編)

 

こんにちは、そらです。

こんにちは、うにです。

初投稿です、よろしくお願いします。

この記事では私たちが一口馬主を知るまでの簡単な軌跡を紹介するね。

のんびり記録していくので気長にお付き合いください。

 

 

はじめに

こんにちは、そらうにです。

今回は初投稿ということで、一口馬主になるまでの軌跡を記録しようと思います。

まさか自分が一口馬主をやろうとは……(笑)

 

競馬を深く知るきっかけ

一口馬主の前にまずは競馬からですね。

一般的に公営ギャンブルとしての競馬は知っていました。

学生時代に一度東京競馬場で競馬をやったことがあるのですが、そのときは単なる「賭け事」として捉えていました。

 

競馬の仕組みを深く知ることになったのは、とあるゲームを始めたからでした。

自分が一口馬主を調べていくなかで知ったのですが、少し前から一口馬主の人気がかなり上がってたんですね。

まぁ自分もおそらくブームに乗っかってるとは思うのですが…(笑)

 

そのゲームは2021年末に友人から紹介を受けて始めたのですが、実はほぼ同時期に家族も始めたのがなんとも縁を感じます。

 

はい、ウマ娘プリティーダービーです!

そらうに も別のソシャゲをやっていたので、導入はすんなりとって感じでした。

 

細かいゲームの内容は割愛しますが、ウマ娘を育成するためには避けては通れない、「レース」の存在があります。

先ほど学生時代の競馬について少し触れましたが、それまでの自分は

  • そもそも競馬っていつやってるの?
  • 1日に何レースとかあるの?
  • 斤量ってなに?
  • 血統って?

という感じでした。

いや、まだ全部ちゃんと理解したわけではないでんですが・・・。

 

ゲームでは、実際に行われているレースが多くあり、だいたい「この季節にはこのレースがあるんだ」ということがわかります。

特に、グレードの高い重賞(GI)を勝つことによって、もらえるポイントだったり上がるステータスだったり・・・いいことづくしなんです。

そうなると、何度も育成を繰り返していくうちにレースのタイミングを覚えていくんですよね。

 

一番早く覚えたのは6月にある「宝塚記念」だったかもしれない。。

 

実際に競馬を始めてみる

レースのタイミングがだいたい覚えられるので、実際のレースも見てみたいよね!ということになり、一度最寄りの競馬場へ向かうも、コロナ禍ということもあり、入場することができませんでした・・・。

 

警備員さん?に呼び止められた良い思い出

たぶんウロウロしてたのが挙動不審だったのかもしれない(笑)

 

その後も予約してみようと思いましたがなかなか取れず(これはGIに絞ってたのが敗因だったのかも)、当時は冬で室内の席を選ぶと結構高かったということもあり、コロナ禍が収まるまでは現地へ行くことは一旦断念しました。

代わりと言ってはなんですが、文明の利器である「インターネット投票」で家から投票を行うことに。

 

普段Youtubeを利用しているのですが、その時に初めてJRAのチャンネルにアクセスし、「追いきり」の動画を観るようになりました。

 

あの馬(よくわからんけど)走りそうとかよく言ってるね

併せのときはそっちのほうが速そうとか言ってるときもある(笑)

 

その頃からでしょうか、自分たちが気に入った馬を応援したいという気持ちが出てきたのは・・・。

 

さいごに

今回は実際に競馬で勝馬投票券を購入するところまで書きました。

後半は一口馬主を知るきっかけから実際に一口馬主をやってみようと思った背景までかければ良いかなと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

後編もお楽しみに!

 

---

よければ前後の記事もご覧ください!